会社概要

理念

一.私たちは、包む心を創造し、喜びと感動を提供します。

一.私たちは、資源の循環を実践し、環境を守る会社です。

一.私たちは、多くの出会いの中から学び、共に夢の実現に向けて歩みます。

企業概要

社名 有限会社佐貞商店
代表者名 佐藤 亘
本社 〒985-0003 宮城県塩釜市北浜4丁目3-8
藤倉工場 〒985-0004 宮城県塩釜市藤倉2丁目16-37
TEL/FAX 本社 (022-365-3391 / 022-365-3393)
藤倉工場 (022-362-4714 / 022-362-9946)
事業内容 ダンボール製品製造販売・美粧箱販売・包装資材販売
設立 昭和33年6月2日(昭和25年創業)
資本金 1,000万円
社員数 17名(役員2名・社員15名)
決算月 5月
取引銀行 仙台銀行塩釜支店・七十七銀行北浜支店

沿革

1950年(昭和25年) 佐貞製函所を設立。初代社長佐藤實が塩釜市において魚箱(木箱)の生産を始める。この頃は木箱を手で生産していた。
1955年(昭和30年) 段ボールケースの販売を始める。この頃は段ボールの取り扱いは1割にも満たなかった。
1958年(昭和33年) 法人化。社名を有限会社佐貞商店に改める。
1975年(昭和50年) お土産用の化粧箱の販売を始める。包装形態の進化により、様々な包装資材を取り扱う。
1986年(昭和61年) 佐藤護が二代目社長就任。
1990年(平成2年) 藤倉の倉庫に四隅貼りグルアー、暫時印刷機平打ち抜き機を導入。その後、平成4年に藤倉工場が段ボール箱製造工場となる。
2007年(平成19年) 佐藤亘が三代目社長に就任。
2011年(平成23年) 東日本大震災により本社は津波の被害を受けたが、藤倉工場は津波の被害を免れたため、その後の地域の段ボール供給に貢献した。

代表挨拶

「心を包むのではない、包む心を抱くのだ!」

段ボール箱の役割は、大きく三つあります。「中身を守る」「中身を移動する」「中身が何かを表す」ということです。段ボールは世の中のコミュニケーションをするのに必要不可欠なものであります。さらに、段ボールは古くからリサイクルされており、エコロジーという点では優等生です。私たちは「包む心」を持ち、常に中に入るお客様と向き合い、様々な箱を世に送り出しています。

代表取締役
name

syatyou